2013年06月21日

【番外編】姉川書店内『にゃんこ堂』

神保町交差点の“キムラヤ”の隣に、本の街神保町にしては、やや地味な新刊書の書店をご存知ですか?
かつては「荒井南海堂」の看板を掲げ現在は「姉川書店」として、新刊雑誌、文庫、新書を中心とした書店でご夫婦(?)が比較的夜遅くまで開いている書店。

実は私メは、何年も前から定期購読の月刊誌を含め、雑誌を購入する時は、必ずといって良いほどお世話になる書店です。


ane.jpg


さて、<おいしい神保町ブログ>でなぜ書店? 
実は“眼と心”に美味しい書店に変身したのです。

その名も「にゃんこ堂」

正面に向かって右の入り口から奥に向かって、以前は男性誌が中心の品揃えだった書棚が“ネコ”の本をメインにしたコーナーに大変身。猫


ane01.jpg


ネコの写真集はもちろん、関連雑誌、猫のエッセイ集(懐かしいアラーキーの『愛しのチロ』も)、ネコを使った装丁本、ネコの生写真(娘さんの飼っている猫)やネコ関連の写真展情報等も。


ane02.jpg


もちろん従来通りの雑誌、新刊本も販売しております。

実は、私メの自宅にも二匹のネコがおりまして、家人どもは朝の挨拶、帰宅の挨拶は必ずネコが先で“ボーチャン、B太郎、おはよう、ただいま”。
で、最後に、“お父さんいたの!” が常態化しています。


ayaneko.jpg
隊長溺愛! ボーチャン&B太郎


表紙がボーちゃん似の町田康著『猫のあしあと』、B太郎似の『猫にかまけて』(講談社文庫)の二冊が眼にとまり思わず購入してしまいました。
そしたらなんと娘さん手作りの特製「神保町 にゃんこ堂栞」と猫店長リクオの「DECOチョコ」を戴いてしまいました手(チョキ) 


ayahon.jpg


特製栞、チョコは個数限定だそうです。
抜き足差し足で急げ! (綾)



本 姉川書店
東京都千代田区神田神保町2-2
03-3263-5755
猫本専門 神保町にゃんこ堂 Facebook

  ※店舗情報は変更になる場合がありますので、事前にご確認のうえご利用ください。

posted by ガリーズ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

YAMITUKIカリー

ちょっと暑くなると、根が曲がった人なので汗を拭き拭きややピリッとしたカレーが食べたくなるのです。

神保町交差点を水道橋方面に歩くこと数分。
日大経済学部(激戦地?)の手前にあるカウンター席のカレー屋さんを発見!
界隈をうろちょろしているのですが、存在に気付かず最近デビューしたお店が YAMITUKI でした。デビュー遅すぎ?

yamituki00.jpg

基本ルーは、ココナツミルク味でスープ・カレー系。
ランチはその日によって違うと思われるのですが、三種類からセレクト。
カレー+ライス+ランチサラダのセットでALL700円。

初回は「プリプリ海老とふわふわ卵のプリふわカリー」をオーダーしました。(撮影忘れて完食)
辛さ、ご飯はごく普通で注文して一口。
ココナツミルク味が広がり何とも、幸せなふんわりとした気分に!
「タイでも欧風、インドでもない ここだけのカリー」
と銘打ったキャッチフレーズに偽りなし!!

またお品書きには、大地の恵みの野菜カリー、ゴロゴロ具だくさんチキンカリー、5種の木の子と合挽肉の森盛カリー、とろ〜りトロすじと豆腐のカリーなど種類も豊富。

yamituki03.jpg
完熟トマトとほうれん草のチーズカリー

辛さも好みで、スタンダード、辛口、倍辛、大辛、激辛からセレクトでき、
ご飯は並、大盛、VIP特盛。全種類のカリーに“パクチー”がついているのもこの店の特徴!
ガリーズの某スタッフは”パクチー”抜きを注文していましたが。

編集部の何人かの(女性)の話では、10席ほどのカウンターにはいつも女性客が多く、圧倒的に女性に支持された“個性的なカリー店”というのが一致しています。

カウンター内のコックさんたちのキビキビした立ち振る舞いもそんな一因かも? 
昼時はテイクアウトと出待ちの行列も!

<ヤミツキカリー>のあおり同様、ココナツミルクの優しさに誘われ、汗を拭き拭き通いそうな気分です。

“女性”と“カレー”のからの連想で、全くこの店と無関係ですが、西村賢太氏の『棺に跨がる』(文藝春秋刊)のカツカレーに起因する同居女性との壮絶な諍いを思い出したりもしました。
本当に無関係です!(綾)

棺に跨がる [単行本] / 西村 賢太 (著); 文藝春秋 (刊)



東京都千代田区神田神保町1-56-3 岡田ビル1F
03-3295-5105
11:00〜15:00、15:00〜23:00
http://syokushindou.jp/jimbo.htm

  ※店舗情報は変更になる場合がありますので、事前にご確認のうえご利用ください。

posted by ガリーズ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月15日

クラブインディア シャンティ

こんにちは。
エスニック担当、ガリーズKです。

本日は「クラブインディア SHANTI西神田店のカレーランチをご紹介します。
1998年開店の北インド料理のお店です。

専大前交差点を水道橋方面に歩くこと5分、セブンイレブン(2階はデニーズ)の角を右に入ると、ちょっとしたテラス席が目印です。(神保町駅からはA2出口が最寄り)

ph1.jpg

店内にはバーカウンターと4人掛けテーブル席が5つほど、カウンターに座ると、ガラス越しにインド人スタッフがてきぱきと動く厨房が見えます目

お店のHPおすすめは、本場のインドカレーと焼きたてのナン、タンドリーチキン。
私のお気に入りランチは、やっぱりカレータリ(カレー3種とパンorライス、ドリンクのセットで1100円)。

sh02.jpg

ランチにはサラダ(ミントを使ったドレッシングが美味しい)、アチャール(玉ねぎのピクルスのようなもの)、ドリンクが付きます。

チャパテイ(ロティ)が選べたり、ダール(引き割り豆のカレー)とチャナマサラ(ひよこ豆のカレー)が必ず選択肢にあるのも、インドっぽくて嬉しい。

sh03.jpg

カレーは、全体的にさらっとしていて、クリーム、バター感も控え目。
ナンもあっさりめで、ビックサイズでも飽きません。

食後はマサラチャイで一服喫茶店

シャンティ.jpg

神保町の有名店<マンダラ>はわりとこってり系なので、食べ比べてみて、好みやその日の気分で使い分けてみるのもいいですね。

HPで詳しいメニューやインド人コックさんの紹介ページなども見られますので、ぜひチェックしてみてください。

夜にはぜひ、キングフィッシャー(インドビール)でタンドリーチキン、シークカバブを!


東京都千代田区西神田2-4-3 高岡ビル1F
03-3264-7066
月〜金 11:00〜23:30、土日祝 11:30〜22:30
http://www.shanti-net.com/nishikanda.welcome.html

  ※店舗情報は変更になる場合がありますので、事前にご確認のうえご利用ください。

posted by ガリーズ at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。