2011年12月27日

とんちゃん

最近読み終わった川本三郎氏『君のいない食卓』(新潮社)にこんな一節が。

“麻布十番のMという店。
〜若い人向けの居酒屋。〜場所柄、客には外国人も多い。はじめ、これはヘンな店に入ったなと後悔したのだが、意外と居心地がいい。
いいのはまず、おしゃれな町、麻布十番の店なのに、東京の下町の居酒屋で人気があるホッピーを置いてあること。
「おっ、麻布十番でホッピーが飲めるのか」とうれしくなった。
しかも、黒ホッピーまである。”


神保町界隈でおしゃれなところといえば、東京パークタワーを中心とした一角が、古書店街のイメージを払拭したロケーション? 
そんなおしゃれな一角に“ホッピー”の飲める、下町然とした居酒屋が出来てはや半年? その名も 焼とんと鉄板鍋の大衆酒場 とんちゃん

とんちゃん01.jpg

パークタワー1階の商店街はすでに<いぬ居><そば処柳屋><カラコルム>、そして<茶房きゃんどる>と紹介しましたが、たまには新規開拓といいながら、ここのところちょっと足が向くのが当店。

店名を見ただけで、“左党”には何の説明もいりませんよね! 
ホッピー&焼とんのお店です。

とんちゃん05.jpg

とんちゃん02.jpg

私の頭の中では、“バカデカ、なかだけ”とインプットされたお店です。
<加賀廣>で紹介した“ホッピー講座”よろしく、ちょっと声のトーンを落とし、「中だけ!氷なし!」と二杯目を注文。何と小柄な女性が、「おまちど〜さま、中だけのお客様」と胸に抱えて来たのが、二リットル入りの焼酎でした(○_○)
なゝゝ〜んと、そこからグラスに目分量の直注ぎです。豪快と言えば豪快で、かってに “バカデカ、なかだけ”と命名した次第です。


さて肝心のメニューは、焼トン12種、焼き鳥6種、野菜串4種、焼き魚串3種をメインにきつね焼、もつ煮込み、とん平焼など一品ものからサラダ、揚げ物、炒め物、そして元祖鉄板鍋(980円、味噌、塩二種で二人前より)、もつ鍋(1080円二人前より)と圧倒的な品数です。特にレバー焼はお奨め。

とんちゃん03.jpg

飲み物は、もちろんホッピー以外に、サワー系も充実。
2時間お一人様3980円の飲み放題も。

まだ体験していませんが、“三の輪ラムネ”“とんちゃん流TKG”なる気になるメニューも。

そうそう、フロア係の女性(若い)のいでたちが“作務衣”風でおじさんたちには、そこはかとない安心感が。

余談ですが、ガリーズ隊員のK女史は、『君のいない食卓』を読み、涙しながら今冬はホッピーからあぶった油揚げ&燗酒に転向したそうです。是非ご一読を?!
(綾)

君のいない食卓 [単行本] / 川本 三郎 (著); 新潮社 (刊)

↓こちらもおすすめ!
小説を、映画を、鉄道が走る [単行本] / 川本 三郎 (著); 集英社 (刊)



東京都千代田区神田神保町1-103
03-3294-6446
月〜金 11:30〜14:00、17:00〜23:30、土 17:00〜22:30/日祝・休

  ※店舗情報は変更になる場合がありますので、事前にご確認のうえご利用ください。

posted by ガリーズ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夜の部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

東京アチコーコー

集英社の猿楽町ビルがなくなり、神保町1丁目〜猿楽町界隈に行く機会が減りかげんになったとある日、エリア最北の「花家」で刺身定食(小鉢で付くすりおろした“とろろ”で御飯が格別)を堪能、白山通りを渡り、散歩がてら新しい店(実は気になる○○屋敷も)が開店したかな? と1丁目の路地をアチコチ。
そこで見つけた店が<東京アチコーコー>でした。

アチコ06.jpg

女性が一人(沖縄住まい経験あり、のオーナーシェフ)支度中で、お店の概略をきき、翌日には常連のような顔をして、手作り感にあふれた料理と泡盛のクースーを何種類か堪能しました手(チョキ)

アチコ02.jpg

それから、沖縄フリークとしては外せない店になり、知人、同僚に紹介しつつ通っています(途中で迷子になる同僚もいましたが)。

場所は、神保町交差点を背にして水道橋方面向かい、興産信用金庫を右折です。東京デザイナー学園6号館の斜向かいで、以前は印象に薄いラーメン屋さんだったと思い出す人も。ならびの手前には渋い三味線と和小物のお店「音福(おとふく)」も。


ここの最大の特徴は、自家菜園の無農薬野菜とシェフのこだわり国産素材で創る“手作り感”にあふれた料理が何とも美味です。当然、料理にあったお酒類も、カクテル、ワイン、日本酒、焼酎、そして泡盛と充実です。

アチコ11.jpg 手作りハーブで作るモヒート


ある日のオーダーは、じーまみ豆腐、春菊と炙り豚サラダ、にんじんシリシリ、エビの石垣島やー油炒め、山イモフライなどなどを肴に盛り上がりました。

アチコ09.jpg 春菊と炙り豚サラダ(950円)

アチコ10.jpg にんじんシリシリ(500円)

アチコ12.jpg エビの石垣島らー油炒め(800円)


是非ともお昼に、「ソーキそば」「八重山そば」をと懇願したのですが、“昼間は菜園の手入れがあるので”と。

人間困るとワル知恵が働くのです。「カメラマンで家庭菜園好きな知人がおりまして、最近“唄を忘れたカナリヤ”状態なので菜園担当でいかがでしょう?」と打診中です。
実は先日、その当人を連れてやや早い花見酒をしました。裏で壮大な計画が進んでいるのも知らず、料理に“美味しい、美味しい”を連発して、ビールに始まり、泡盛、そして最後に“シークワサー杯”まで飲んでいました。

本日のオススメメニュー(写真)を見ても、料理の“手作り感”の美味しさが伝わる?でしょう。
(綾)

アチコメニュー.JPG


千代田区神田神保町1-38
03-6382-9654
17:00〜23:30/日祝・休
URL: http://ameblo.jp/tokyoachikoko/



  ※店舗情報は変更になる場合がありますので、事前にご確認のうえご利用ください。

posted by ガリーズ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夜の部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

炭火鶏DINING ぼんちゃん

炭火鶏DINING ぼんちゃん

ぼんちゃん01.jpg

靖国通りの「威亨酒店」を背に水道橋よりへ進むと右側に「東亜学校跡周恩来の碑」があり、その手前にある比較的新しいお店。
以前はお弁当屋さんだったので利用した人も。

カウンターとテーブル席で25席ほどのこぢんまりした焼鳥屋さん。
口直しに必ず、おろしが付き、焼き鳥各種、塩、たれの味が堪能できる。

ドリンクは、ビールビールに始まり各自の好みで、豊富な種類の焼酎(海、たちばな、山ねこ、かんろ、佐藤白・黒、富乃宝山、吉兆宝山…)、日本酒(久保田、八海山、花陽浴、白鶴…)と比較的揃っている。
日本酒党には「十四代 限定品」がお奨め。

ぼんちゃん02.jpg

串焼きの種類は、特製つくね、砂肝、手羽先、ささみ、はつ、ぼんぢり、せせり、ねぎま、レバー等々に野菜系も豊富。
変わり種は、う玉、えのきベーコン、ささみチーズあたり。

ぼんちゃん04.jpg

個人的に必ず注文するのは、特製つくね(絶対お奨め!!)、ぼんじり、せせり、そしてトマトベーコン

ぼんちゃん03.jpg

ぼんちゃん05.jpg

焼酎は芋の“晴耕雨読”、最近、日本酒の味を覚えた後輩は小賢しくも“十四代”を頼み悦に入って、最後はごはんモノ(そぼろご飯か特製丼ぶり)まで食べています。
若さか、はたまたバカさか?

ひとり、ふたりならカウンターで、予約で大きめのテーブルを確保すれば6〜7人の飲み会には最適です。

「八羽」「蘭奢侍」そして「ぼんちゃん」神保町の(綾)お奨め“焼き鳥”店です。


耳番外で池袋・東口横町の「風林火山」も美味しい焼き鳥やサンで、日本一の“つくね”と呼んでいます。実は20代前半から通っておりまして、トータルしたら何羽の鳥を殺生したことか?

何とも先の見えない今日この頃、焼き鳥を羽が生えるまで食べて飛揚しましょう。
それが供養です。な〜ンちゃって!

(綾)


http://bonchan.jp/index.html
東京都千代田区神田神保町2-20-13 Y'sコーラルビル1F
03-5211-8482
17:00〜24:00/日休
URL: http://bonchan.jp/index.html

  ※店舗情報は変更になる場合がありますので、事前にご確認のうえご利用ください。

posted by ガリーズ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夜の部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。