2011年08月04日

日本料理きよし

<骨太フレンチ ビストロアリゴ>の紹介でもちょっとふれた“小意気な造り”の割烹店、
きよしのランチ紹介です。

きよし01.jpg

<アリゴ>、<めん蔵>、<カフェ フルーク>が並ぶ路地の中間に位置するのが、<きよし>。
玄関右側の狸の置物が目印です。

以前は、2階の和室で、雑誌の立ち上げ打合せや単行本の刊行打ち上げ、そして階下のカウンターでは、少人数打合せやプライベートでもよくお世話になったお店です。
“鱧”のシーズンに、京都で修業したご主人の“鱧の湯引き梅肉添え”で冷酒をいただいた夜が、なつかしく思いだされます。

数年前、ご主人が体調を崩し夜は休業となり、二年前からお昼のみで復活。
達筆な墨書の「お昼の献立」を見ただけでも、美味しさが想像出来るというものです。
思い出しました、以前はご主人が、巻物風の経木に献立を墨書してお客を迎えていました。
経木って知っていますか?


鮭塩焼き、かます塩焼き、柳かれい塩焼き、鮭ハラスフライ玉子とじ鍋の四種類が定番メニューで、季節の食材の献立が一種加わり五種がメニューです。
ちなみに7月中旬は“冷やし加茂なす揚げ出し”が季節の献立でした。

値段はすべて千円で、“ワンコイン・ビト”には? 
だが魚の大きさと小鉢など見れば納得です。

きよし03.jpg

きよし04.jpg


玄関の長のれん、店回りの緑、そして御簾越しの路地を眺めながらのランチは“すずやか”です。
思わず過去の癖で、「取りあえずビールビールと言いそうですが、アルコールがなくてもご主人と女将さんを見ていると“ほんわか気分”のランチになることうけあい。

夜の営業を熱烈望むところですが・・・・・・・。
(綾)


東京都千代田区神田神保町1-20
03-3291-7451
11:30〜14:00/土日祝・休



  ※店舗情報は変更になる場合がありますので、事前にご確認のうえご利用ください。

posted by ガリーズ at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

旬里

困った時の「旬里」頼み。

旬里00.jpg

神保町交差点のIVYビル二階に古くからある、メインが天ぷらの和食の店です。

さ〜あ、今日は何食べようと迷って、取り敢えず神保町交差点に立ち、JR東海の広告じゃないが“そうだ 旬里(京都)、行こう”となることがしばしばあります。
そのわけは、天ぷらのお店ながら、ランチメニューが豊富で、大概の人の欲望が満たされてしまうからなのです。

そのメニューを紹介すると
和定食なら、讃岐うどんセット、和食丸皿ランチ、とろとろ角煮、海鮮北海丼、刺身定食、和定食、豚しゃぶ定食など。
天婦羅系だと、かき揚げ・野菜・穴子・海老の各天丼、通常の天丼、天ぷらセット、天ぷら定食が定番メニューで、他に“日替わりランチ”が旬の魚などで2種類ほどあります。

価格は630円〜2,400円の幅で。
一人ガッツリ系から同僚ランチ、そして打合せのブランチにも使えます。
ガリーズ女子の一番人気は“和食丸皿ランチ“で、わたしメは、日替わりが“さば味噌”なら必ず注文。それ以外の時も“魚系”を主体にしています。

旬里.jpg 和食丸皿ランチ 950円

旬里06.jpg 小盛りかき揚げ天丼 630円

「旬里」の本領は、実は夜が凄いんです。
掘りごたつ式個室もあり、季節によって・あんこう・ふぐちり・すっぽん・もつ・そして、しゃぶ鍋なども楽しめます。

“カボチャの快楽”なる一品料理もあり、日本酒、焼酎類の品揃えも充実しておりかなり楽しめます。夜の部、詳細な報告は後日改めて、取材(ただ飲みたいだけ?)をしてから最新情報をお知らせします。
(綾)


東京都千代田区神田神保町1-10-1 IVYビル2F
03-3293-1684
11:30〜15:00(土祝〜15:30)、17:30〜22:45(土祝17:00〜20:30)

<追記>
2013年(?)閉店

  ※店舗情報は変更になる場合がありますので、事前にご確認のうえご利用ください。

posted by ガリーズ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

炉端焼 ベコ主任

いつも行列の「ラーメン次郎」や“ミシュラン一つ星”の「蘭奢侍」、そして「バー明治屋」の位置する交差点の一郭に、あまり自己主張しないでなにげに存在するのが
炉端焼「BECO SHNIN ベコ主任」

beko00.jpg

目印は、ドアの柱に “やってます”と書かれたユーモラスな木製杓文字です。
べこ.jpg


私の記憶だと数年前まで(隊員注:4年前まで)は、“お好み焼の店”だったと思う店ですが、隠れ家的“炉端焼きの店”に変身。
席数は20席ほどで、木材をベースにした店内は何とも落ち着けます。
オープン当初、二度ほどお世話になりましたが最近はもっぱら、ランチで通っています。
その理由はスープ麦とろ丼です。

根菜類のたっぷりと入った醤油ベースのスープ(全品につく)と牛タン塩焼きの麦とろ丼に“愛”を感じています。
スープを一口含んだとき、具材・味ともご幼少の砌の、母の作ってくれた雑煮を思い出し手(パー)餅を二個入れてください”とのたまうところでした。

べこ3.jpg

べこ5.jpg 牛タン塩焼きの麦とろ丼 950円

多分、店名の「ベコ」は、東北地方では“牛”の呼び名で、福島の会津地方には“赤べこ”なる郷土玩具もあるくらいで、絶対醤油ベースのスープは“北”です。
南の人はスープが醤油ベースと言っただけで「?」の人も。
“百聞は一飲にしかず”です。

昼のメニューは丼系が、「やわらか厚切牛タンステーキ」「炙り牛タンチャーシュー」「牛タン塩焼の麦とろ」三種。定食が週替わりの「新鮮!魚定食」「肉定食」の二種類と少なめだが、ダイエット茶「雲南茶」付き850円〜950円の値段で、大盛り無料、女性にはデザートの特典もあり満足度は高いです。

平社員はもちろん、係長サン、課長サン、部長サンでもオーケーです手(チョキ)

夜の部はまた報告しますが、待てない人はぐるなびを!

(綾)


東京都千代田区神田神保町2-10-18
03-6321-8293
ランチ月〜金11:30〜14:00、ディナー月〜土17:30〜24:00/日祝・休

  ※店舗情報は変更になる場合がありますので、事前にご確認のうえご利用ください。

posted by ガリーズ at 12:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。