2013年02月22日

神保町バル Bilbi

「おいしい神保町ブログ」を始めて何店舗紹介したろう?
もうネタ切れ(お店じゃなく頭の中が?)状態です。
まだまだ紹介していない古い名店もあるのですが、今年はやや宗旨替えで最近できたお店も紹介せねば!

そこで、まずは「元古書店の小さな酒場」神保町バル BILBI(ビルビ)を。

bilbi.jpg

いまやなかなか予約の取れない超人気店となった<アリゴ>の並びに、間口は狭いながらも清潔感のあるカウンター(6〜7席)が目印。

以前は何のお店か、記憶をたどって、確か演劇関係の本がメインの古書店だったことを思い出しました。古書が道路にはみ出さんばかりの印象とは様変わり、若い女性2〜3人で切り盛りしているこじゃれたお店です。

<アリゴ>のランチが休止になって、何とも都合良く隣でランチが!
メニューは「日替わりランチ」そして特製「101時間カレー」の2種類。

bilbi_1.jpg

ある日の日替わりランチの内容は、カレー風味の鶏肉クリーム煮、卵焼き、ひじき、生野菜、お新香、そしてご飯に味噌汁。彼女たちのイマドキの印象とは裏腹な何とも“正しい定食”です。日頃外食が多く“野菜”と“お袋の味”に餓えた<ガリーズ>も野菜と和風小鉢に感激していました。

カレーはじっくり煮込んであるだけに、コクのある味でした。
好みもあるだろうが個人的にはもう少し辛さが欲しいかな。

店をのぞきカウンターがいっぱいでもあきらめてはいけません。
なんと10人ほど入れるユニークな二階があります(詳しくは体験してのお楽しみ)。

ランチは珈琲、ウーロン茶付きで850円。
<元古書店の小さな酒場>と銘打っているだけに17時からはお酒タイムです。

夜のメニュー、個人的に惹かれるモノをあげれば、自家製レバームース、エビのアヒージョ、カスレ、コク旨トマト肉じゃが、焼きカレー101など。
300円〜900円のプライスも何とも魅力だ。

DRINKはビール、お酒、ハイボール、ワインの定番に、オリジナルの洋なしブランデー、イチジクラムなどもあり、料理ともども作り手の人柄が浮かびます。
多分、席数から夜は予約が確実かと。近々<ガリーズ>全員で押しかける予定です。
(綾)

<じんぼうちょう余談>

「おいしい神保町ブログ」を開始して足かけ四年。
某国の総理のように神保町も変わるのです。

紹介後に閉店、移転、もしくは1月末時点で改装などしたお店をお知らせしておきます。

山形の味を伝えてくれた「そば切り源四郎」、昼も夜もお世話になった器の素敵だった教育会館地下の「神田赤かぶ ふらい家」、いつも満面の笑顔で迎えてくれた「ビストロJoie」。しょうちか(小学館地下)の愛称で通った「城内蕎麦 さらし奈」、またまた、巨大カボチャの天ぷらで有名な「旬里」は現在改装中?

讃岐うどんの名店「丸香」は一月中旬にリニューアルオープン。
そうそう、まだ未紹介ですが神保町界隈で知らなければ“もぐり”?、カフェテラス「古瀬戸」がギャラリー&カフェにリニューアルしてます。


東京都千代田区神田神保町1-18-8
03-3293-3211
11:30〜14:30、17:30〜23:30/土日祝・休
http://www.facebook.com/balBilbi

  ※店舗情報は変更になる場合がありますので、事前にご確認のうえご利用ください。

posted by ガリーズ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

自然薯料理 ふじ

靖国通りの専大前交差点を背に、地下鉄九段駅方面に。頭上に首都高速池袋線があり、掘割にかかる橋が俎橋。そのたもとに位置するのが「ふじ」

fuji03.jpg

専大前とか地下鉄九段下とか首都高速とかの語彙を使わなければ、

“和紙に薄墨を掃いたような、川霧の薄っすらとたちこめた俎橋のたもとの小料理屋<ふじ>に飾り職人・清平とおとせが肩を寄せ合い・・・・・”

と時代小説の世界にならなくもないかな?

契約農園から厳選された直送の“自然薯”を使用した、めずらしい自然薯料理専門店です。

昼のコースは「麦とろ御膳」(梅)1,500円(松)2,000円と、「うどん(さぬき)御膳」1,500円の三種類。

「麦とろ御膳」は麦ご飯、とろろ汁、小鉢、香の物、味噌汁、デザートが基本で、本日の料理、ローストポーク、りゅうきゅう山かけ、天ぷら、キングサーモン焼、さわら幽庵焼、カキフライなど(季節で若干変わる)から1品セレクトが(梅)、2品セレクトが(松)の違いです。

fuji01.jpg

fuji02.jpg

「うどん御膳」は、さぬきうどん、海老と野菜の天ぷら、麦ご飯、とろろ汁、小鉢、香の物、そしてデザートのコースです。

セレクトが3コース? と思うが、好みで選べる“本日の料理”が充実でいけます。
まあ、普通の定食屋さんのように、たびたびとはいきませんが“ハレ”の日ランチには最適です。

格子を基調にした外観と落ち着ける室内は、専門店らしい雰囲気で、使用している器類も楽しみの一つです。
梅に鶯ならぬ(松)には御神酒ぴかぴか(新しい)がもれなく付いてきます。

未体験ですが、夜は充実したお酒類に、自然薯料理、魚料理、そして季節の食材料理もあり一度は是非とも・・・。また3,800円、5,800円、7,800円(要予約)のコースも。
(綾)


東京都千代田区神田神保町3-4-29
03-3261-3922
11:30〜15:00、17:30〜23:00(土 17:30〜21:00)/日祝・休
http://www.jinenjofuji.jp/index.html

  ※店舗情報は変更になる場合がありますので、事前にご確認のうえご利用ください。

posted by ガリーズ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

智夢(とむ)

神保町交差点から白山通りを水道橋方面(左側)に60〜70メートルほど進み、最近オープンした“100円ショップ”の先を左折した奥に「天ぷらいもや」があり、路地を隔てた隣のビルの1階が、神保町ダイニング智夢(とむ)。

神保町裏街道を歩いている人は、以前「図書新聞」の入っていたビルといった方がわかりやすかも?

tomu02.jpg

以前はといってもかなり(30年ほど)前、店名は同じで喫茶店でした。近所に手動の写植屋さん(知らない編集者も?)があり、打合せと称して良く珈琲をご馳走になりました。
そしてこれもかなり前、お酒の楽しめる大皿料理のお店に変わって、小部屋で鍋と日本酒などをいただいたことも。

今回は息子さんが跡を継ぐのを機に神保町ダイニング「智夢」に内外とも大変身をとげています。知る人ぞ知る“女将さん”は、まあ〜大健在です!
リニューアルそうそう、神保町フリークとしてはぜひともとガリーズ乱入?
いやはやあっと驚く大変身でした。(店内外の写真をとくとご覧を)

tomu01.jpg


お昼のメニューは(刺身、焼魚、煮魚等)、(ひじき、切り干し、きんぴら等)からそれぞれ一品を選びます。そしてご飯は、白飯、鯛飯、しめじご飯、かやくご飯、生姜ご飯(季節などで変わる)等からセレクトします。

最大の特徴はご飯客の注文を聞いてから土鍋で炊きあげます。その分やや時間がかかると思いがちだが、メインの魚を焼く時間とほぼ同じ15分で、炊きたて熱々のご飯にありつけるシステムです。

tomu03.jpg

先日は、4人だったので鯛飯としめじご飯の2種類をシェアしました。味はもちろん、量も充分でなんとも優雅なランチを楽しんでしまいました手(チョキ)
同僚の誕生日など予約してゆったりするには、最適なお店かも?

tomu04.jpg

食べ終わって、先付けの数種類のお新香、メニューやご飯がどこぞと似ていると思い、話を聞いたら、なんと予約のとれない“伝説のランチ「栄家」と親戚でアドバイスを受け変身に及んだそうです。それにつけても世間は狭い!

カウンターの奥をのぞいたら、お酒類も充実の気配、次回は夜の部の紹介を!!

ちなみに昼のお代は1050円とリーズナブルで、満足度高しです。
一人より複数(接待も)が良いかも?
(綾)


東京都千代田区神田神保町2-18
03-3234-5560
月〜土 11:30〜14:00、17:30〜23:00/日祝・休


  ※店舗情報は変更になる場合がありますので、事前にご確認のうえご利用ください。

posted by ガリーズ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。