2013年10月16日

BETTOLA SANBAL ベットラ サンバル

神保町で確実に増えているのは、古本屋さん巡りの定年オジサン(『おじさん図鑑』なかむらるみ著/小学館 参照)と<イタリアン>のお店。

このブログで紹介した店でも<マキャベリの食卓><スパ蔵><オステリア アプント>そして<La COMODITA(ラ・コモディタ)>

まだ未紹介ながら名を挙げれば、いまは無き“社員食堂”化していた<八千代鮨>隣の<ROBERTO(ロベルト)>、神保町界隈で唯一のGS向いの<La Castagna(ラ カスター二ャ)>、他人とは思えない親方の<ひげ勘>並びの新規店<Pizzeria Zio Pippo>と、月単位?で増えているようで、何とも激戦模様です。

そんな激戦区で荒海に漕ぎ出した新規店が三幸園グループの
BETTOLA SANVAL(ベットラ サンバル)です。


sanbal1.jpg


いつぞや紹介した東京パークタワー1F “ランチ・ゴールデンライン” を小川町方面に進んだ神保町三井ビル1Fにオープン。
席数がこの界隈では最多(?)で65席(テラス席含む)。

いつぞや天気の良い昼下がり、女性5人グループがオープンテラス風ランチを楽しんでいました。確かビールビール付きで!?
思わず “ご一緒しても?” と声をかけそうになりました。


さて、ある日のランチメニューは、下記の三種類。

PastaA=紅ズワイガニとキノコのアーリオ・オーリオ
PastaB=ベーコンと彩り野菜のトマトクリームソース
Pizza=マルゲリータ&秋鮭とクリームソース

いずれにもサラダ、ドルチェ、珈琲付きで900円。


sun03.jpg


メニューにやや不思議な[大盛り、小盛できます!]の表記が。

「大盛りは理解できるけど、小盛はレディース?」と問えば、

「いいえ、普通が大盛並みの多さなので!」とのお答え。


sun02.jpg 上が大盛(確か200g)、下が小盛


ちょっとお腹周りが気になるお年頃、小盛に押さえて注文。
それでも満腹でした。(ガリーズ注:ピザも2切れ食べてました)

何人かで出向き、パスタとピッツァをシェアすれば900円はリーズナブルなランチ。
ひょっとしてテラスの女性群は、大盛・・・?

オジサンの悪い癖で、見覚えのある女性スタッフに「何処から?」と尋ねたら、
「リベルテです」(ガリーズ注:リベルテも三幸園グループ)との答えが。

メニューを見た限りでは、夜の一品料理が充実しており、100種を越えるワインは魅力。
<リベルテ>への足がとおのくかも? 
店長ごめん!

後日、焼き肉<三幸園>の店長と話しをしたら「神保町にイタリアンの店を出したいと切望していまして、やっと実現しました!」と。

三幸園グループの神保町制覇・・・恐るべし?

そんな大袈裟じゃないか。
(綾)

おじさん図鑑 [単行本] / なかむら るみ (著); 小学館 (刊)



東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビル 1F
03-5280-7338
11:30〜15:00、17:00〜24:00(土 11:30〜22:00)/日祝・休

  ※店舗情報は変更になる場合がありますので、事前にご確認のうえご利用ください。

posted by ガリーズ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月09日

LA COMODITA ラ・コモディタ

ここのところ神保町界隈で新規開店の傾向は、なんと言っても“イタメシ”屋さんが最多かなと思える今日この頃です。

LA COMODITA(ラ・コモディタ)もそんな比較的新しめのイタリア料理のお店です。
確か以前も同じようなお店だった記憶が・・・・・・。

racomo01.jpg

小学館、集英社のはす向かい“東京パークタワービル”の一角に位置する、満席で25名ほどのこぢんまりした店が<LA COMODITA>。

白山通りから錦町河岸通りに向かうこの通りを、密かにランチ・ゴールデン通り
と呼んでいるのです。

まず白山通り側から、“和牛一頭焼き肉・手打ち冷麺”の<翔山亭(以前はいぬ居でした)>、
“神田界隈の伝統的なそば処”<柳屋>
“テキーラとマルガリータの店”<カラベラ小劇場>、
“焼きトンと鉄板鍋”の<大衆酒場トンちゃん>
“輪島漁港直送”の魚がメインの<北陸集らく>、
タワービル完成前から颯爽と自転車で珈琲を出前してくれる喫茶店で“ランチ・シングルモルト充実”の<カラコルム>

<カラベラ小劇場>を除いてそれぞれがお店の特徴を生かしたランチがあり便利な通りなのです。

ある日のランチは、
A:ピリ辛4種豆入りミートソーススパゲッティ。または、マッシュルームと枝豆の
  クリームソース・ショートスパゲッティ。900円
B:ラザニア 1,000円
C:2色パスタのワンプレート。(オードブル盛合せ、ラザニア+季節のスパゲッティ)1,100円
D:よくばりランチ。
 (オードブル盛合せ、小柱とトマトのスパゲッティ、メバルのトマト煮)1,100円

A、Bにはサラダが付き、すべてにパンとコーヒーが付いてます。
オジサン達は、お昼スパゲッティだと夕方までもたないと言った旧人も多いが、大盛り無料、パンおかわり自由のサービスで、それも杞憂です。

racomo09.jpg


夜 夜も手頃ワインがそろっており、楽しめます。
なんと17時30分〜19時限定で“ほろよいセット”(2,000円 写真参照)や、3,500円の貸し切りパーティープランなどもあり使い勝手の良いお店です。

racomo02.jpg

ひょっとして一番の特徴は、フロアをてきぱきと仕切るお姉さんの笑顔だったりして!?
(モロオヤジコメント・・・・・!)

そうそう、同じ通りの神保町三井ビルディングの1Fになんと三幸園グループが中華、焼き肉に続く“イタリアン”を開店したそうな目
近々ご挨拶?がてら足を延ばさねば!

なお、小川町の<LA COMODITA>と神田北乗物町の<di ANDOH>はまだ未踏ですが姉妹店だそうです。(綾)



東京都千代田区神田神保町1-103 東京パークタワープラザ1F
050-5797-4880
月-金11:00〜15:00、17:30〜23:00(土〜21:30)/日祝・休

  ※店舗情報は変更になる場合がありますので、事前にご確認のうえご利用ください。

posted by ガリーズ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月25日

オステリア アプント

かつて、大仰にも“斎藤茂吉”まで持ちだし紹介した<そば切り源四郎>が、ある日、忽然と姿を消してしまいました。

お店がなくなったと聞けば、醤油ベースの“きじそば”をもう一度堪能したいと想うのが人間の浅ましさ! ある日、忽然と姿を消した! と思うのもまた、人間の浅ましさ!
実は今年の酷暑でお昼の遠出を避けていた結果なだけなのです。

三ヶ月ほど前、シャッターが閉まっているのに気づき、二ヶ月ほど前、和風の“源四郎”の店構えとは180度違った、赤を基調にしたこじゃれたドアと窓の今どき店構えを目撃。
これまたこじゃれた自転車が2台(オブジェか実用か? いつもあるのか?)が目印の新規開店のイタリアン、オステリア アプントです。

アプント.jpg

多少の“シックハウス”は、おいしいもののためには我慢と早速ランチに。
ランチメニューは至ってシンプルで、この日は(A)ツナとキノコのスパゲッティ(B)ナスとパンチェッタのトマトソーススパゲッティの2種で本日のリゾットがセットに。

アプント1.jpg

そしてランチにはスープ、プチドルチェがつき800円。
この価格は界隈ではリーズナブルでは?
(ちなみにランチはエスプレッソ+100円、カプチーノ+200円もお得!)

アプント2.jpg アプント3.jpg

個人的には“本日のリゾット:玄米チーズリゾット”がなかなかでした。
少年時代のあまりいい思い出のない玄米、麦飯のイメージが先に立ったのですが、歯ごたえ、チーズの味が捨てがたく、クセになりそうです。この玄米リゾットのなせる技か?夕方の空腹感がいつもと違いました。

返す返すも“源四郎”閉店(移転ならご存知の方ご一報を)は残念ではあるのですが、店の奥には、立派なワインセラーが鎮座しており、“左党”にとっては是非とも夜に訪ねたい“新顔”でした。

そうそう、かなり熱心な盛りつけをするオーナー・シェフ(?)、あるタレントに似ている気がするのですが・・・・・・・・・。

Osteria appuntoって、“記憶に残る居酒屋(直訳)”?
(綾)


東京都千代田区神田神保町2-10-8
03-6380-9868
11:30〜14:00、17:30〜23:00/日休
https://www.facebook.com/osteriaappunto

  ※店舗情報は変更になる場合がありますので、事前にご確認のうえご利用ください。

posted by ガリーズ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。