2013年06月21日

【番外編】姉川書店内『にゃんこ堂』

神保町交差点の“キムラヤ”の隣に、本の街神保町にしては、やや地味な新刊書の書店をご存知ですか?
かつては「荒井南海堂」の看板を掲げ現在は「姉川書店」として、新刊雑誌、文庫、新書を中心とした書店でご夫婦(?)が比較的夜遅くまで開いている書店。

実は私メは、何年も前から定期購読の月刊誌を含め、雑誌を購入する時は、必ずといって良いほどお世話になる書店です。


ane.jpg


さて、<おいしい神保町ブログ>でなぜ書店? 
実は“眼と心”に美味しい書店に変身したのです。

その名も「にゃんこ堂」

正面に向かって右の入り口から奥に向かって、以前は男性誌が中心の品揃えだった書棚が“ネコ”の本をメインにしたコーナーに大変身。猫


ane01.jpg


ネコの写真集はもちろん、関連雑誌、猫のエッセイ集(懐かしいアラーキーの『愛しのチロ』も)、ネコを使った装丁本、ネコの生写真(娘さんの飼っている猫)やネコ関連の写真展情報等も。


ane02.jpg


もちろん従来通りの雑誌、新刊本も販売しております。

実は、私メの自宅にも二匹のネコがおりまして、家人どもは朝の挨拶、帰宅の挨拶は必ずネコが先で“ボーチャン、B太郎、おはよう、ただいま”。
で、最後に、“お父さんいたの!” が常態化しています。


ayaneko.jpg
隊長溺愛! ボーチャン&B太郎


表紙がボーちゃん似の町田康著『猫のあしあと』、B太郎似の『猫にかまけて』(講談社文庫)の二冊が眼にとまり思わず購入してしまいました。
そしたらなんと娘さん手作りの特製「神保町 にゃんこ堂栞」と猫店長リクオの「DECOチョコ」を戴いてしまいました手(チョキ) 


ayahon.jpg


特製栞、チョコは個数限定だそうです。
抜き足差し足で急げ! (綾)



本 姉川書店
東京都千代田区神田神保町2-2
03-3263-5755
猫本専門 神保町にゃんこ堂 Facebook

  ※店舗情報は変更になる場合がありますので、事前にご確認のうえご利用ください。

posted by ガリーズ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。