2013年06月14日

YAMITUKIカリー

ちょっと暑くなると、根が曲がった人なので汗を拭き拭きややピリッとしたカレーが食べたくなるのです。

神保町交差点を水道橋方面に歩くこと数分。
日大経済学部(激戦地?)の手前にあるカウンター席のカレー屋さんを発見!
界隈をうろちょろしているのですが、存在に気付かず最近デビューしたお店が YAMITUKI でした。デビュー遅すぎ?

yamituki00.jpg

基本ルーは、ココナツミルク味でスープ・カレー系。
ランチはその日によって違うと思われるのですが、三種類からセレクト。
カレー+ライス+ランチサラダのセットでALL700円。

初回は「プリプリ海老とふわふわ卵のプリふわカリー」をオーダーしました。(撮影忘れて完食)
辛さ、ご飯はごく普通で注文して一口。
ココナツミルク味が広がり何とも、幸せなふんわりとした気分に!
「タイでも欧風、インドでもない ここだけのカリー」
と銘打ったキャッチフレーズに偽りなし!!

またお品書きには、大地の恵みの野菜カリー、ゴロゴロ具だくさんチキンカリー、5種の木の子と合挽肉の森盛カリー、とろ〜りトロすじと豆腐のカリーなど種類も豊富。

yamituki03.jpg
完熟トマトとほうれん草のチーズカリー

辛さも好みで、スタンダード、辛口、倍辛、大辛、激辛からセレクトでき、
ご飯は並、大盛、VIP特盛。全種類のカリーに“パクチー”がついているのもこの店の特徴!
ガリーズの某スタッフは”パクチー”抜きを注文していましたが。

編集部の何人かの(女性)の話では、10席ほどのカウンターにはいつも女性客が多く、圧倒的に女性に支持された“個性的なカリー店”というのが一致しています。

カウンター内のコックさんたちのキビキビした立ち振る舞いもそんな一因かも? 
昼時はテイクアウトと出待ちの行列も!

<ヤミツキカリー>のあおり同様、ココナツミルクの優しさに誘われ、汗を拭き拭き通いそうな気分です。

“女性”と“カレー”のからの連想で、全くこの店と無関係ですが、西村賢太氏の『棺に跨がる』(文藝春秋刊)のカツカレーに起因する同居女性との壮絶な諍いを思い出したりもしました。
本当に無関係です!(綾)

棺に跨がる [単行本] / 西村 賢太 (著); 文藝春秋 (刊)



東京都千代田区神田神保町1-56-3 岡田ビル1F
03-3295-5105
11:00〜15:00、15:00〜23:00
http://syokushindou.jp/jimbo.htm


  ※店舗情報は変更になる場合がありますので、事前にご確認のうえご利用ください。

posted by ガリーズ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。