2011年08月26日

すし処 六法

「喫茶さぼうる」の隣に、純和風な店構えで、「すし処 六法」のれんが小意気な“神田のお寿司や”が、知る人ぞ知る「六法」です。

六法01.jpg


入り口が半間の引き戸で、お品書きなどが全くないので、ほんの少し足を踏み入れにくいかも? がしかし「寿司くいね〜」の神田、安心なお店です。

私は、四半世紀まえから神保町をぶらぶらしていますが、かなり古いお店にカウント出来ます。店構えは変わっても場所は変わっていません。
ひょっとして“味”と、カウンター内の“三人”も?

お勧めはなんと言っても“バラチラシずし”です。
雑誌時代によく夜食で食べました。特に校了日(編集作業の最終工程日)あたりはまちがいなく“本日の夜食出前は?”と聞くと「六法!」の声がかかりました。
しかしよく食べました。

六法02.jpg


今では、あまり出前はしませんが、時々ランチで懐かしい味を堪能しています。
基本は、バラチラシずしで、魚貝と魚卵(とびこが私は殊の外すきです)が表面にまんべんなく乗り味はやや“神田”テーストで、むしろお醤油は不要かもしれません。

この何ともいえない味の濃さが、忘れられない特徴的? 
というのもガリーズの渡米した友達が、久々に帰国してランチの約束は「六法」のチラシをご指名だそうです。

箸休めに、ご主人がだしてくれる、季節の野菜づけも逸品です。

先日は、ゴーヤとカボチャをいただきました。
漬け物にあまり“アイ”のない私もその美味しさに納得しました。


ランチのチラシは1000円、1500円、2000円の三種。もちろんにぎりもあります。ただ私メたちのランチは、チラシずしオンリーで、たまに夜の部(お酒+お造り)の最後に、小鰭、赤身をつまむ程度です。

先日、久しぶりにランチのチラシを堪能中に、小社刊『ぶらり江戸歩き』の山本一力先生ご夫妻とばったり、ご挨拶をしたら「おいしい神保町ブログ、読んで神保町を勉強しています」と意外なお言葉に恐縮して、そうそうに退散しました。
(綾)

edoaruki.jpg


東京都千代田区神田神保町1-11-8
03-3291-6879
14:00〜16:00、17:30〜22:00(土〜19:30)/日祝、第2土・休


【寿司の最新記事】

  ※店舗情報は変更になる場合がありますので、事前にご確認のうえご利用ください。

posted by ガリーズ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。