2011年04月28日

さらし奈

「職・食」直近のおそば屋さん、城内蕎麦「さらし奈」

さらしな.jpg

小学館地下にあり、以前はやはり“伝説のそば処”<柳屋>から替わったお店です。

噂によると、<柳屋>が向かいの東京パークタワーに移転して、日本蕎麦屋さんが地下飲食店街から消える危機に、大家サンの意向で出店し今日にいたるのが<さらし奈>と聞き及んでいます。(向かいの喫茶「TOP」が閉店したのが、残念でなりません。カムバック、“サマージュース”&“看板元ムスメ”!!

雨だ!風だ!!雪だ!!!雨 と遠出が気になる気象条件のとき、良くお世話になるお店です。

メニューは“もり・かけ”から“鴨なん・天ぷら”“丼もの”までオーソドックスなものに加えて、“カツ丼orカレーライス+蕎麦”などのセット物も充実。ほかに“けんちん・キムチ・長崎チャンポン・海老鍋焼き”(各1,300円)など季節のメニューも。

さらしな01.jpg 鴨南 900円

さらしな03.jpg 親子丼セット 1,100円


“全カ連”会長としてはやはり、“カレー南蕎麦”の頻度が高く、当然、味はいけます。
以前に“クラシック・カレー”なる、やや謎めいたカレーもありました。いま個人的に気になる新メニューは“カツカレー”(1,400円)です。近々トライします。

そうそう、<さらし奈>は“韃坦そば”を忘れてはいけません。

“韃坦そば”とは、原産がチベットの2,000〜3,000メートルの高地のダッタン地方で、古くから主食だった“そば”だそうです。通常の“そば”と何が違うかと云えば、血液サラサラにすると云われるルチンの含有が100倍と云われ、高血圧、糖尿病の予防に効果的と云われています。

かけダッタン(700円)からたぬき、きつね、玉子とじ、わかめ、ちから、山かけ、おかめ、そして、天ぷらダッタン(1,100円)とメニューも豊富。このメニュー以外でも200円プラスで応じてもらえます。

<にが蕎麦>との別称があり、味は通常の蕎麦とは若干の違いも! ま〜大人の蕎麦とでも呼びましょうか? これからの時季は“冷やしダッタン”などお薦めです手(チョキ)

さらしな08.jpg 冷やしダッタン 1,200円

店内にはこんなコピーも
ダッタン蕎麦で血液サラサラ美白美人に!薬膳。貧血。高血圧。シミ。そばが気になるかたへ。”
(綾)


東京都千代田区一ツ橋2-3-1 小学館ビル1F
03-3264-8980
11:00〜21:30(土11:00〜15:00)/日祝・休

<追記>
2013年閉店


  ※店舗情報は変更になる場合がありますので、事前にご確認のうえご利用ください。

posted by ガリーズ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。