2010年11月12日

骨太フレンチ ビストロアリゴ

骨太フレンチ ビストロ アリゴ

それほど新しもの好きではないのですが、神保町にちょっと気になる“骨太ビストロが”
と言われれば、ほっとくわけにはまいりません。
開店そうそう即予約で下見?

まずは場所。
以前「タキイ」でいま「石井スポーツ」にかわった建物裏口の斜向いです。
目標は何と言っても「佐々木会計事務所」の看板!

以前は、町の氷屋(三亀商店)さんで、つい最近まで夏には、おじさんがノコギリで巨大氷
を切って配達していました。その風景に夏を感じた時代も。
そこが外観は変わらず、大変身したのです。

ビストロが何で会計事務所かは、出向いて見てのお楽しみです。
小津安二郎の映画を彷彿とさせるロケーションです。
おじさんたちには、懐かしさと驚きが同居しそうなお店。

アリゴ01.jpg

アリゴ02.jpg


まず “ガリーズ”顔見せメニューは、<前菜>から、本日の鮮魚のカルパッチョ(ミズタコ)=680円、<おいしい逸品>から、いいだこととムール貝の煮物=780円、アリゴ(チーズとジャガイモ)=450円、<メイン>は、和牛静岡育ちのバラ肉の赤ワイン煮=950円などに、ビール&赤ワイン。
値段はいずれも一人前で、さすが“骨太”神保町プライス
スタッフはワインに詳しく、好みでチョイスしてくれます。

アリゴ03.jpg

特にワインは“寅さん風口上”なら
「銀座、赤坂でお姉さんのいる店なら、万は下らない代物揃いだが、ヒロシだって飲めるよ!」
と言ったところ。

基本は予約で2階がメインですが、フリーで比較的確率の高い1階のカウンターがなかなか。
コックさんの手元を見ながら、その日の気分で赤・白のグラスワインで気軽に。
お箸、フォークなどは壁、柱にかかった入れ物からセルフサービスで使用。
何の気兼ねもないので、すでに“常連”の心境です。
そうそうお通しの「バケット」はお替わり可で、なかなかいけます。

アリゴ07.jpg


最近、ランチも始めて早速“ガリーズ”メンバーはトツニューしています。
ランチメニューは、
藤森カリィ(ふじもりって?)濃厚オムライス、特製メンチ、鶏のバスク風煮込みと少なめだが850円〜950円でサラダ、スープ付きでご飯大盛りもサービス。
なにかスープお代わり50円に味の秘密がありそう!?

アリゴ04.jpg

アリゴ05.jpg


実はこの路地の右側に、本格的な和食割烹「きよし」があって、よく通いました。
事情があって昼のみの営業になっているが、本日はお魚系と思った人は、覗くも一計です。


東京都千代田区神田神保町1-18-7
03-5217-6677
月〜金11:30〜14:00、17:30〜23:00、土祝17:00〜23:00/日休
URL www.yumemania.jp


  ※店舗情報は変更になる場合がありますので、事前にご確認のうえご利用ください。

posted by ガリーズ at 18:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。