2010年10月22日

メナムのほとり

「メナムのほとり」「ムアンタイなべ」「マンダラ」そして「マカン」の四店輔は
“西インド会社”の経営する、神保町では人気のエスニック料理の店です。

このグループの厨房で働く人たちは現地の人たちで、日本人に合わせた多少のアレンジはあるにしろ本格的なメニューで、ハマる人(特に女性)が多いようです。

“メナムのほとり”
メナム00.jpg

店名を見ればメニューの見当はつきますよね!
タイレストランで昼、夜と、会社から近いこともあり利用頻度の高いお店です。
歴代店長の顔をすべて思い出せるほどに。

昼夜とも圧倒的に、女性に支持されているお店。
席数は30位で、いつぞやの夜は気付いたら、男子化した女(ひと)は別カウントで、男性は店長と私の二人の時なども!


ランチは、“カジュアルな二日酔い”(福田さん借ります)の時は、ビシッと“トムヤムクンラーメン”で夜に備えます。

メナム04.jpg

時効だから話しますが、良き先輩(?)に恵まれ、以前は二人で“シンハービール(タイ産)”&“トムヤムクンラーメン”のランチにはまりひたすら続けた時期も!

メナム夜01.jpg


普段のランチは“野菜の炒め物とグリーンカレー”などのセットモノで“エスニック”気分を満喫。
セットに付くデザート、揚げバナナのココナッツミルク添えは、辛党なれどほどよい甘さが好きです。

メナム03.jpg


夜の部は、タイ風オムレツ、タイ風サツマ揚げ、ビリからサラダ、牛肉料理、魚料理などを頼み、
赤・白ワインなどを注文して、女性陣の圧倒的パワーに感心ながら楽しんでいます。

メナム夜02.jpg

私のお薦めは、“メコン(タイのウイスキー)のソーダ割り”。
バーボンウイスキーもそうですが、ソーダ割りにすると、なぜか口当たりが甘くなるのです。
エスニックなちょっぴり辛めの料理との相性は抜群です。
が、メコンが輸入不可exclamation&questionになるとかの噂も(真相はまだ未確認)。


このお店、ガラガラの時間帯に、私が飲みに行くと満席になるということが何度か続き、
密かに“ガリーズ”と店員さんの間でジンクスっぽくなり…あせあせ(飛び散る汗)
蚤の心臓の私は最近、遠巻きに店内を覗き、満席に近いかを確認してから入店しています(?)。

9月某日、残暑厳しい折、ランチで行ったら男性チョボチョボ、女性で満席、ほっと一安心で、
ホットなグリーンカレーとトムヤムクンを堪能しました。
夜、タイ料理を存分に楽しむなら予約が確実です。 (綾)



東京都千代田区神田神保町2-1 岩波ビル別館1F
11:30〜15:00、17:30〜翌2:00/無休
03-3238-9597
URL http://westindia-group.com/maenam/



【エスニックの最新記事】

  ※店舗情報は変更になる場合がありますので、事前にご確認のうえご利用ください。

posted by ガリーズ at 12:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | エスニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。