2010年10月19日

柳屋

神保町界隈で、蕎麦屋さんといえば、軒数的には「満留賀」です。
が、私にとって何とも思い出の深いのは「柳屋」

やなぎや00.jpg

現在は、東京パークタワー1階に「いぬ居」と並んだこ洒落た“そば処”です。
再開発前から当所にあった、神保町では極普通に見かけた“そば処”でした。
そういえば支店が小学館地下にもありました。
現在はどんな事情かは知りませんが同じ“そば処”「更科」に変わっています。


何が思い出深いかとモーしますと、雑誌編集部が立ち上がった折に、かなりの頻度で出前を
頼んでおりました。
カツ丼、親子丼、玉丼、もり、ざる、カレー南そば、天ぷらうどん、冬場は鍋焼うどんまで、
全メニュー?を、確かビール、熱燗まで。
そうそう副編・I氏は、片栗粉の効いたカレー丼をひたすら頼んでいました。

それになんと言っても驚くほど出前が早く、電話注文をすると数分で
“おまちどおさまやなぎやです”と到着。
“盗聴器があるんじゃないの”と冗談がでるほどの迅速さでした。

当時、わが編集部は、出前の器は各自必ず洗って返す(一般常識!)ことを厳命し実行して
いました。
ある時、出前のお兄ちゃんが「器が洗ってある!」と感激していたことが懐かしく思い出されます。
その日以来、出前の早さにさらなるギアが入った気がしました。
何とも重宝なお店でした。

ですが、一度だけ秒速でくる出前が、一時間待っても来ないときがありました。
女将さんから電話「済みません。出前の子が転んで、おそばを道路に食べさせてしまいました」
と連絡があり、某女性編集部員は、怪我の有無より“私の月見そば...”とつぶやいたことも。

神保町再開発で、本店がなくなり、いつの間にか支店もなくなっておりました。

そういえば同じブロックには、“界隈一薄い”トンカツの店「羅生門」、しんこの美味だった
寿司処「新太郎」、わっぱせいろ「由良」、などありました。

やなぎや03.jpg 山かけそば 900円


時は過ぎ、話題の新ビル1Fに燦然と輝く金箔文字「柳屋」を見付け、勇躍お店に突入して、
“神田テースト”カツ丼と注文したら、「そのようなモノはありません!」と。
トホホ・・・・バッド(下向き矢印)
寂しく盛りそばを啜り、茶房“李白”(現・喫茶去)で考えました。
「今時ビルへ出店、店構えも替わるとカツ丼がなくなるのか?」

またまた時は過ぎ、池波正太郎氏気取りで、板わさ、卵焼きで一杯の後に軽く“盛り”でもと、
カメラマンと突入。
なんとメニューが変わっていたのです。
もちろん、天丼、カツ丼、親子丼も復活。
ランチ時のお勧めは“そば付きミニ天丼セット”いけます。エビ天カレーなるもの?もメニューに。

またまたまた時は過ぎ、我が身の脂身に驚き、カツ丼からカレー南蛮に宗旨替え中です手(チョキ)
やなぎや01.jpg カレー南蛮そば 840円

カロリーは変わらないか?
夜、ちょっと一杯にも“当て”は豊富で、落ち着いて楽しめます。
(綾)


東京都千代田区神田神保町1-103 東京パークタワー102
03-3291-0213
11:00〜15:00、17:00〜22:00/土日祝・休

  ※店舗情報は変更になる場合がありますので、事前にご確認のうえご利用ください。

posted by ガリーズ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。