2010年07月20日

ランチョン(夜)

神保町で梅雨明けといえば、なんといってもランチョン

先日、いつもお世話になっているデザイナー、ライター、校正の人たちと、何処へ行くとも言わず暗黙の了解で、全員の足は「ランチョン」に!

まずは、“なま、人数分”とジャブを出し、天才的ドラフトマスターの手による絶妙な泡立ちのアサヒビール(ほかでは飲めない)で乾杯ビール
ほどよく冷えた最初の一杯に全員“生”を感じるのです。
らんちょん夜02.jpg

後はボディーだ、アッパーだ、フックだとお代わりの人、黒ビールの人、ハーフ&ハーフの人と思い思いに“ガロン呑み”(米1ガロン=3.78リットル)。

つまみ系も充実で、スモークサーモン、チーズ盛り合わせ、トマトサラダ、チリビーンズ、ガーリックステーキ、ナポリタンそしてジューシーなメンチカツ等々。
最後のシメに、オムライス、カツサンド(この二品は一度是非)の人までも。
ランチョン夜01.jpg スモークサーモン&自家製ピクルス
らんちょん04.jpg ガーリックステーキ

神保町の梅雨明け、夏空が暮れなずむ時間からラストオーダーまで無礼講で楽しんだ一夜でした。
この夏はあと何回楽しめるのかな?

この日は、ブラックスーツに蝶ネクタイのマスター、息子さん(二人?)、そしてすべてのお客に目配りをするマダムと、勢揃いの布陣でした。
マスターとマダムは、吉田健一氏、池波正太郎氏の文人とどんなお話しをしたのだろうか?

それにつけても、ビルになる前のなんとも素敵だった店内を知ってる人は何割だろうか?
開業100年を超える老舗。
(昔の写真はランチョンHP内「ランチョンの歩み」から見られます!)
(綾)


東京都千代田区神田神保町1-6
03-3233-0866
月〜金 11:30〜21:30/土 11:30〜20:30/日・祝休
ビアホール ランチョン


  ※店舗情報は変更になる場合がありますので、事前にご確認のうえご利用ください。

posted by ガリーズ at 15:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夜の部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。