2010年06月18日

加賀廣

加賀廣01.jpg

加賀廣
何はともあれ“ホッピー”です。
神保町ではちょっと異質な空間かも?

開店してまだ数年か。基本は煮込み、焼きとんの居酒屋です。
いつも満席でかなりの確率で振られますが、予約も可能!(確か時間制限あり)

とにかくメニューは豊富。
煮込み焼きとん以外のお薦めは、ベーコン焼き、あじフライ、レンコン挟み揚げ、
馬刺、
時々クジラ…となんと豊富。
時季にある青森産のかぶみそは絶品。大概の連れは唸る美味しさ。

kagahiro01.jpg シロ&レバー

kagahiro02.jpg レンコン挟み揚げ

kagahiro03.jpg 絶品!青森産かぶみそ

以前、ちゃきちゃきの下町系お姐さんに注文すると、「あいよ〜」のかけ声に「愛よ〜」を感じて思わず“中だけ”の注文を1オクターブ下げて、注文したオジさんでした。
かのお姐さんは何処へ。
★隊員注:隊長のホッピーおかわりの頼み方→「ホッピー“中”だけ、氷なし」


某月某日、入り口近くのテーブルで、若い女性がホッピー+煮込みの定番メニューで片手に文庫本のひとり飲みには感動。
オジさん系のお店だが、最近は女性も多く、なんと言っても元気です。

このお店、『靖国』の坪内祐三氏が連載していた「ダカーポ」(休刊)のコラムで発見、それ以来通ってます。


<講座>
ビールホッピーの正しい飲み方
★注文すると、氷と焼酎入のグラスとホッピー(瓶)が出ます。
★グラスにホッピーを半分注ぎ、マドラーでゆっくりと3回ほど混ぜる。
 カチャカチャ、早回しは禁物、ホッピーの炭酸が飛びます。
★一杯目が空になったらおもむろに“中だけ”と注文。好みで氷の量も一言。
★残りのホッピーを注ぎ二杯目。一本のホッピーで二杯がスマートか?
 三杯は詩人?=アルチュール・ランボー。


最近は黒ビール風、黒ホッピーも人気手(チョキ)
隊長(綾)



東京都千代田区神田神保町2-17 集英社共同ビル1F
03-3234-3039 17:00〜23:00/日祝休
加賀屋


  ※店舗情報は変更になる場合がありますので、事前にご確認のうえご利用ください。

posted by ガリーズ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夜の部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。