2010年06月15日

近江や

神保町オタクの定番、定食屋さん「近江や」

洋食(キッチングラン:メンチ盛り合せがお薦め)、ラーメン(さぶちゃん:元祖半チャンラーメン)と三兄弟のお店が並ぶ一番奥の店。

さば焼き(女性にお薦めは小さば)定食が一番人気。

oomiya.jpg

時季には竹の子ご飯(通常はかやく=夏場はお休み)、小さば、冷や奴の三点セットが私的には至福手(チョキ)の昼ご飯。

マスターは一見強面(?)だが・・・・・・。

カウンター越しに出されたお茶、お漬け物は速やかに自分の手元に降ろし、注文の魚(鮭、秋刀魚、鰯なども)が焼けるのを静かに待つこと。

オプションの納豆を優雅?に混ぜるも一興。

食べ終わったら器類をカウンターに戻し、備え付けのダスターで自分の領域を拭けば、もう常連、神保町オタクのとば口。

そうそう、逢坂剛センセの”お茶の水署”シリーズにも登場の定食屋さんです。

oomiya2.jpg

神保町歴25年・グルメ隊長(綾)




東京都千代田区神田神保町2-24 木下ビル1F
03-3230-1373
月〜土 11:00〜15:00、16:30〜19:00
日・祝休


  ※店舗情報は変更になる場合がありますので、事前にご確認のうえご利用ください。

posted by ガリーズ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。