2012年12月21日

【番外編】神保町のカレー南蛮特集!

やって来ました日本の冬雪
日本そば家サンに入ると、やはり暖かいモノが恋しく、鍋焼き、あんかけ系、などを注文する事が多くなります。
そんな時季にはなんと言っても“カレー南蛮”でしょう。

ウン十年前、ジャズ・ピアニストの山下洋輔氏の仲間たちが、“真冬でも冷やし中華が食べたい”との遊び心で「全国冷やし中華愛好会」を結成して、オーストリアのウイーンで、山下洋輔トリオのヨーロッパツアーの余興に、現地で“冷やし中華”パーティを開いて、サブカル雑誌を賑わした事も。

そんな折り、知人のカメラマンと知り合いの編集者たちと“真夏でもカレー南蛮そば”を食べる会「全カ連」を結成して、汗まみれで挑戦していた無謀な時もありました。

「全カ連」自身は会員の高齢化で自然消滅しましたが、私メは当時の趣意を忠実に守ったりしています。特に、週末は住まい近くの日本そば家サンを西に東うろうろしています。以前との違いは必ず一本のビールがセットになることです。
それにつけても日々、日本そば家サンが減り、ラーメン屋サンが増殖しているのが今日この頃...

さて、神保町界隈の<カレー南蛮そば>をウオッチすれば、

 ☆

静邨 満留賀を改め何年?

せいそんカレー.jpg

やや黄色みの強いカレーが特徴で、甘口です。が、お肉の量が半端ではありません。それを有効活用するには、ゴールデン・ラインがお薦めです。<カレー南蛮そば>意外の楽しみも。個人的にはもう少し辛さが欲しい。そばはさすがのおいしさ。(900円)

柳屋 東京パークタワー1階

柳や.jpg

スパイシーで辛さはやや辛目。タマネギのシャキシャキ感も残り“大人の味”。いつもならミニ天丼セットなのですが、木枯らしの時季になると思わず“カレー南”ですね。(840円)

満留賀 神保町1丁目

満留賀神1.jpg

神保町交差点を背にランチョン手前を左折した角の昔ながらのおそば屋さん。ボリューム満点で、具材は多めの豚肉とたまねぎのシンプルさ、辛さもやや控えめで、ネギが別盛りで、レンゲが付くのがうれしい。ゴールデン・ラインに最適。元気な“看板娘さん”健在。余談ながら隣のおじさま、日本酒の冷やにもつ煮込みうどん、痛風の身には恨めしい限りです。(670円)

●桂庵

桂庵.jpg

まだ店自身は未紹介ながら私の知人がよく通っているところで、噂はかねがね。辛みの効いた大人の味でした。具材が他店は豚肉とタマネギが主ですが、私メのイメージした長ネギの短冊切りが入っており、“南蛮”の由来を彷彿とさせます。ややコクがそば家さんの“和風”に転がれば最高かも? それにしてもメニューにセットモノが多く、中でも「あさりどんセット」の注文者多く気になり、ちょっと通ってきちんと紹介したい、明るく清潔感のあるお店でした。場所は神保町交差点を背に水道橋方面に日大経済学部5号館の前です。(750円)

 ☆

通常、“カレー南蛮”と言えばうどん派が多いかも。
以前は私もうどん派でした。今でもたまには食べます。

そこで<カレー南蛮うどん>のお薦め店は、上記紹介のお店も当然ですが、<丸香>季節限定超大人の味・肉カレーうどん、<野らぼー>の替わり味カレーうどんかな?

この順番は星印順ではありません。個人的なランキングは控えます。神保町が歩けなくなります。
この界隈はのれん分けか?<満留賀>が多いのですが、<カレー南蛮>と一口に言ってもおのおのに個性があります。是非とも全店制覇を!

以前は追加で半ライスを頼み“ゴールデン・ライン”と名付けて悦に入っていました。さすがに寄る年並みで半ライスは卒業です。

神保町界隈では、ビールは付きません。念のため。
隣席から「うっそ〜〜!」と言う陰の声も!?

(綾)



  ※店舗情報は変更になる場合がありますので、事前にご確認のうえご利用ください。

posted by ガリーズ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。