2012年04月17日

源来酒家

神保町界隈で、昼時、行列の出来る店の2“元祖”といえば、半チャンラーメンの<さぶちゃん>、カツカレーがおすすめ<キッチン南海>、天丼の<いもや>。そして、まだわたし自身は足を踏み入れていないラーメン<二郎>等がおもいつきます。

最近、この範疇に入れてもと思うのが源来酒家なのです。
12時前後になると、女性陣の行列が顕著になった感じがしています。

源来酒家.jpg

専大前交差点、みずほ銀行裏の二本目の路地を入った、以前紹介した<源来軒>を通称パパ源来と呼び、靖国通りに面した<源来酒家>をムスコ源来と呼んでいる本格中華の店。

ランチで辛いモノ大好きな人に絶対おススメが、半熟玉子が魅惑的な「麻婆丼」
二日酔い、なんとなく体がダルイなど、シャキッとしたい時、山椒の効いた麻婆が快感です!

jr1.jpg

ほかにも「麻婆麺」、「麻婆カレー麺(丼)」、麻婆麺と炒飯の「ハーフ&ハーフ」(いずれも1,000円)が人気! お得なセットメニュー、「炒飯+ワンタンスープ」「醤油ラーメン+半炒飯」「坦々麺+半炒飯」(980円)も。

もちろん「海老ワンタン野菜麺」(945円)、「担々麺」(900円)「炒飯(五目、海老、蟹、高菜)」(各1,000円)など本格中華の店だけにメニューは豊富です。

間口とは裏腹に95席の席数で、グループ・ランチでもオーケーです。

当然夜は、シェフおまかせコース(3,000円〜)から手作り点心を含む単品(500円〜1,600円)でビールに始まり紹興酒まで。

そういえば、某誌の編集長は、“いつもの”と注文したら、何と赤ワインが出てきました。

かつて小川町、神保町界隈は横浜と並ぶ“中華街”だったのです。その名残の名店…。

そうそう、もう少し暑くなったら、100%北海道産小麦と創業以来変わらぬ甘酢醤油タレの「冷し中華」もご推薦です。
“眼に青葉 山ホトトギス 冷やし中華”

冷中_息子源来.jpg

ところで最近、“パパ源来”“ムスコ源来”のレジで時々見かけた、色白で上品なお母さん(?)見かけないけど…
(綾)


東京都千代田区神田神保町3-3
03-3263-0331
月〜金 11:00〜23:00、土日祝 11:00〜21:00/無休


  ※店舗情報は変更になる場合がありますので、事前にご確認のうえご利用ください。

posted by ガリーズ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 中華 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。