2014年06月16日

EURO STAR CAFE

紙風船(?)のように、ほろ酔い加減で神保町を漂っていると、ホワイト・タイガー的(おもしろい)出会いがあるモノです。

仕事でお世話になっている写真家と「柳屋」ビールに盛りで空腹を満たし、並びの「KARAKORUM」でシングルモルトを一杯。

広いテーブルでマスターがシングルモルトの試飲中(毎晩、試飲を超えているとの噂!)でした。


マスターとモルトと本の話などしてマッタリと“スキャパ15年”を楽しんでいたら、ドドっとお客さんが入り、あっという間に満席の大盛況。

“袖すり合うも多生の縁”で隣の大阪弁のやや妖しげなお方と神保町の酒場談義に発展。

なんと「東京アチコーコー」の常連で、共通の知り合いの話などまででる始末。

“男女七人”(古い?)の「ユーロスターカフェ」常連とスタッフの二次会でした。


皆さん“乗り鉄”さんで、旅の話で盛り上がり、「KARAKORUMU」だってランチが評判なのに、「ユーロスターカフェ」のランチのおいしさが話題に。

当ブログ担当者としては、聞き捨てならず、さっそく試食に訪れ、そのボリューム満点さと何ともうれしいランチ○○○(麦系)にありつき、さっそくアップに及んだ次第です手(チョキ)


euro.jpg



とある日のランチメニューは、
・日替わりランチ
チキンとたっぷり野菜のトマトシチュー(パン、コールスロー、スクランブルエッグ付)=600円

・ショートパスタランチ
厚切りベーコンとパプリカのトマトソース=600円
スモークサーモンと長ネギのクリームソース=600円
(どちらもパン、コールスロー、スクランブルエッグ付)


・自家製パンのサンド
ハンブルグ or ハムとチーズのミックス
(コールスロー、スクランブルエッグ付=500円、単品400円)



euro03.jpg ※写真はある日のパスタランチ

euro02.jpg ※写真はある日のパンサンド



うれしいことに、コーヒー、ソフトドリンク=300円がランチセットで100円引き。
私が激しく反応したのが、レーベンブロイ、グラスワイン=400円で、セットなら100円引きなのです。

すべて持ち帰り可でなんとある日、「KARAKORUMU」でお会した時刻表常時携帯のM氏が持ち帰りランチをしておりました。


余談ながら、彼に、いままでの鉄道の旅でナンバーワンは?と素人質問したところ、
“只見線”(福島県会津若松から新潟県魚沼市を走る。残念ながら平成23年“新潟・福島豪雨”被害でいまだ全通していません)と答えてくれました。

なんと父方の古里で幼いころ何度か乗った路線でした。



いよいよビールの季節本格到来です手(チョキ)

夜ならレーベンブロイ(400円)、パウラナー(500円、ミュンヘンの至宝)、ドイツ、ヨーロッパ、そして日本のクラフトビールに、ニュルンベルクソーセージをはじめ、フィッシュ&チップス角切りベーコン等々。

スポーツ中継を楽しみながらのビールはきっと格別のはず!

行かねば、行かねば! 
席数は少ないお店ですが、必殺テラス席も!

そうそう“やや妖しげなお方”ともランチで遭遇しました。
お互いノンアルコールの出会いで大人の会話をしました。
余談の余談。
(綾)

euro04.jpg



[ここに地図が表示されます]

千代田区神田錦町3-16-11-1F
050-5205-9813
11:45〜24:00(土 〜18:00)/日祝・休
http://eurostar.exblog.jp/

  ※店舗情報は変更になる場合がありますので、事前にご確認のうえご利用ください。

posted by ガリーズ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | cafe | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月09日

氷見手延べうどん 開元

神保町界隈で、“うどん”と言えば、そば処・満留賀系のうどんと、讃岐うどん系(丸香、はなまる等)がすぐに思いつきますが、そんな中、富山県を代表する“氷見うどん”開元 に近ごろ“愛”を。(2012年6月オープン)


kaigen.jpg


靖国通り、専修大交差点を水道橋方面に3〜4分歩いた左側。
10人ほどのカウンター席と、奥に15〜16人は入れるテーブル席がある、“ウナギの寝床”的でまさに間口は狭く奥に広い、うどん家さん仕様のお店。
店頭の“カレーうどん”の幟が目印。

とある日、社内で一番味に無頓着と思われる同僚と、幟に惹かれ入店。
同僚が食後に放った「“稲庭うどん”と同じですね!」の言葉に驚いたのでした。

確かに、“氷見うどん”の作り方は、“稲庭うどん”と同じで、竹によりながら手延べをして、その際油を使わない製法で、ルーツは江戸時代の“輪島そうめん”だそうです。讃岐などと比べてやや細く、柔らかくしっとりとした喉ごしが特徴!

“全カ連”(1年を通し真夏でもカレー南蛮を食べる会)メンバーとしては、注文はカレーうどん8、その他うどん2の割合。【番外編】神保町のカレー南蛮特集 もぜひご一読を!)


さて、お味は、カツオ、昆布、椎茸から採ったダシに白海老を使った醤油ベースのつゆが特徴で、何とも上品な味わい。

主なメニューは
●ざるうどん 830円(白海老醤油つゆ)
オプションで氷見牛醤油つゆ +100円、とろろ +100円、生卵50円(すべて税込)など。

kaigen2.jpg


●カレーうどん 830円
チーズ、とろろ、海老天、かしわ、そしてUFO(メンチカツ)の各カレーうどん、といった変わりメニューも。
嬉しい特典。一時過ぎに入ると、海老天1本のサービスが!手(チョキ)

開元04.jpg


ほかにも天ぷらうどん、肉(氷見牛)うどん、かに玉子とじうどん、それに“氷見米”を使用したまぐろづけ丼、もつ丼、数量限定メンチカツ丼などご飯系も。

昼飯ガッツリ系には、丼+ミニうどん、うどん+ミニまぐろづけ丼、ミニもつ丼・天ぷら盛合せの組み合わせもOK!

開元のミニ会席膳(うどん、刺身、天ぷら、茶碗蒸し、季節の一品、炊き込み御飯、香の物そして水果の豪華版で980円も。ただしこのメニューは11:30〜の数量限定です。昼飯が13時過ぎの私はまだありついではいません。是非一度挑戦しようとチャンスを窺っている今日このごろです。


夜は富山県の地酒 立山、満寿泉、幻の瀧、そして銀盤などが揃っており、日本海とりわけ富山湾の魚介類で地酒を堪能するも一興かも。まだ夜は未踏はなので近々是非ともビール


余談。
<丸香>を知る前、讃岐うどんと言えば<野らぼう>でしたが、今年のはじめころ閉店になり、今は定食屋さんになっています。

そうそう、ワインダイニング<ate>も閉店して現在工事中。
残念ですが何ができるのか楽しみです。
(綾)

↓お試しあれ!!
開元03.jpg


[ここに地図が表示されます]

東京都千代田区神田神保町3-10 宝栄ビル1F
03-6380-9678
11:00から15:00、17:30〜23:00/日祝・休

  ※店舗情報は変更になる場合がありますので、事前にご確認のうえご利用ください。

posted by ガリーズ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月18日

Paper Back Cafe

創業120年、神保町の老舗書店「東京堂書店」が2012年3月、入り口にカフェを併設したブックカフェに大変身しました。


book.jpg


改装後しばらくはあまりの変わりように戸惑いもしましたが、今ではすずらん通りにもすっかり馴染み、居心地のいい Paper Back Café にもたびたび足を運んでいます。

1〜3階のすずらん通りに面した窓側がカフェスペース喫茶店

自由に読める本やゲラ(本の試し刷り)本、プルーフ(見本本)が置いてあったり、椅子はひとつひとつ違う輸入物だったりと、随所にお店のこだわりを感じます。


セルフ式カフェにしてはドリンクメニューが豊富で、コーヒー・紅茶はもちろん、ほうじ茶やゆず茶、生姜入り玄米茶なんかもあります。

フードメニューには東京堂カレー(単品480円!)、タコライスロコモコ、ほかにサンド各種(たまご、ツナ、アボカドシュリンプほか)などがあり、それぞれ単品、サラダセット、スープセットが選べます。

ケーキや季節のお菓子などスイーツも揃っているので、時間を選ばずに利用できて便利です。


pbc02.jpg

pbc03.jpg


東京堂書店のポイントカードが使えるのも嬉しいところ(^-^)

晴れ晴れた日の午後には、壁一面の大きな窓からたくさん日差しが入り、すずらん通りを行き交う人の流れや、向かいの冨山房ビルの曲面ガラス窓を眺めながらのランチは至福の時間。


mado.jpg

↑旧冨山房ビルで使われていたという、本の背表紙のような曲面ガラス。
素敵ですねぇ...ハートたち(複数ハート)

1Fの豆本コーナーを眺めつつ、東京堂書店名物の「軍艦」(と呼ばれる新刊の平台)をぐるりと一周してから店内をまわる → 本を購入 → カフェで軽食 が私の定番コースです。

フリーWi-Fiや電源が使え、休憩や読書、打合せにはもちろん、ノマドワーカーにもおすすめです。
(K)



東京都千代田区神田神保町1-17
03-3291-5181
10:00〜21:00、日祝 〜20:00/1/1.2を除き無休
http://www.tokyodoshoten.co.jp/cafe/

  ※店舗情報は変更になる場合がありますので、事前にご確認のうえご利用ください。

posted by ガリーズ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 喫茶店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。